タグ別アーカイブ: マイネルホウオウ

NHKマイルCはマイネルホウオウ。柴田大知騎手も平地G1初制覇

NHKマイルC

1着 マイネルホウオウ
2着 インパルスヒーロー
3着 フラムドグロワール

コパノリチャードがハナに立ちレースを引っ張り、差がなくガイヤースヴェルト、エーシントップが追走。フラムドグロワールも押し上げてくる展開で前は息の入らない厳しい流れ。
直線を向くとガイヤースヴェルト、エーシントップ、フラムドグロワールがコパノリチャードを捉えに行くが、コパノリチャードもしぶとくなかなか差は詰まらない。
残り200で先行集団の脚が鈍ると、後方外から伸びたインパルスヒーローとマイネルホウオウが一気に差を詰めまとめて差し切り、外のマイネルホウオウが最後にグイッとクビ差出たところでゴール。

勝ったマイネルホウオウは後方から外外を回し最後までしっかりと伸びての差し切り勝ち。ハイペースで厳しくなったところにスプリングS3着の実績を持つこの馬の差し脚がハマりました。
鞍上柴田大知騎手は平地G1初勝利。06,07年は0勝に終わるなど苦しい時期もありましたが、ここ数年は再び活躍しはじめついにここで平地G1制覇ですから本当に嬉しかったのでしょう。優勝インタビューの涙には感動させられました。

父スズカフェニックスは種付け頭数も少ない中で初年度からG1馬輩出となりました。
スズカフェニックスは同じサンデー系のライバル種牡馬に比べれば競走成績が地味な部類になってしまいますが、種牡馬としてのポテンシャルの高さを早い段階で示せた事は大きいですね。

マイネルホウオウはこの後はダービーか安田記念に向かう事になるようです。スプリングSの後にNZTも使っていますしローテーションは楽ではないですが、どういう判断になるのでしょうか。