NZT回避のカオスモスは脚部不安で放牧へ。NHKマイルCの出走は未定

アーリントンC2着のカオスモスは脚部不安で放牧。NHKマイルCへの出走は様子を見ながらという事になるようです。

本来ニュージーランドTを使ってそこからNHKマイルCへという予定でしたので、NHKマイルCに間に合ったとしても大幅に予定が狂ってしまったのは間違いないですね。
千両賞ではコパノリチャードに勝っていて、安定感も高く、マイル路線ではトップクラスの力を見せていただけに目標のNHKマイルCには是非出走させたいところでしょうが、ここへきてのアクシデントは厳しいですね。

アーリントンC2着カオスモス(栗・森、牡3)は3日、脚部不安のため栗東トレセン近くの島上牧場(滋賀県)へ放牧に出された。当初は今週のニュージーランドTを予定していたが、登録していなかった。今後の様子を見ながら、NHKマイルC(5月5日、東京、GI、芝1600メートル)の出否を決める。
http://race.sanspo.com/keiba/news/20130404/pog13040405010004-n1.html

マーガレットS後方一気のローガンサファイアはNHKマイルCへ

マーガレットS

1着 ローガンサファイア
2着 エールブリーズ
3着 アットウィル

2番人気のローガンサファイアが道中最後方から外を回してまとめて差し切り勝ち。
3着に踏ん張ったアットウィル以外は後方の馬が上位を占めているように、差し馬有利の展開にはなりましたが、最後方から差しきった脚は評価するべきでしょう。
これで500万に続いての2連勝。今後はNHKマイルを目標にしていくようです。

このレースで1400を勝ちましたが、それ以前の2勝は1200です。1600はエルフィンSを使っていますが0.5差の9着。
距離の不安は多少残りますが、東京コースでこの末脚は楽しみですね。

ダイワメジャー産駒は皐月賞次第ですがコパノリチャード、毎日杯2着のガイヤースヴェルトなどもいますし、NHKマイルCでは今年も有力馬を集めてきそうですね。

NHKマイルCの特徴

レースの特徴
皐月賞とダービーの中間に行われるマイルG1ですが、近年皐月賞から参戦してくる場合の成績はあまり良くなく、ニュージーランドTや毎日杯から参戦してくる組の活躍が目立っています。
マイル適性が明らかでNZTを使ったパターンと、小回り荒れ馬場の中山が向かずに、東京1600に近い特性を持つ阪神外回り1800で行われる毎日杯を使ったパターンが中心という感覚でいいと思います。後者の場合はNHKマイルの後にダービーに向かう事もありますね。

1200、1400が得意なスピード馬もここは挑戦してきますので、全体的にペースが上がる事が多く、この時期の東京の馬場が時計が出やすい事もあって、かなり速い時計での決着になる事も多く、時計にも注目したいレースですね。

コースの特徴
向こう正面奥からのスタートのため、最初のコーナーまでの距離は500m以上と枠順の有利不利はほとんどありません。長い直線を2つの大きなコーナーで繋いだだけの形でペースは上がりやすく、スピードの持続力はかなり重要なポイントとなります。
基本的には力勝負となりやすいコースですが、この時期の馬場は良すぎる場合もあり、その場合は前が止まらない傾向も出てきますので、馬場状態には注意が必要です。

2012年のNHKマイルカップ

NHKマイルカップ

1着 カレンブラックヒル
2着 アルフレード
3着 クラレント

すんなりと先手をとった人気のカレンブラックヒルがマイペースで逃げ、アルフレードが先行集団の外、マウントシャスタは中団中からという展開。
カレンブラックヒルに競りかける馬もおらず、NHKマイルとしては緩いペースでレースは進み、直線へ。

マイペースで来れたこともあり直線を向いてもカレンブラックヒルの脚色は衰えず、アルフレード、オリービン、クラレントらも外から必死に追うもなかなか差は詰まらず。まだ余力のあったカレンブラックヒルが最後にもう一伸びし、2着アルフレードに3馬身半差をつける完勝。3着にはクラレント。
馬群の真ん中で行き場を失ったマウントシャスタは強引に動いた事で、後ろにいたシゲルスダチが落馬。マウントシャスタは6着入線も失格となりました。

レース全体としてはカレンブラックヒルが楽に行けた事が全てで、後方からの馬には厳しい展開となりました。NHKマイルカップと言えばハイペースから速い時計での勝負になる事が多いですが、逃げ馬不在でこういう展開になる事もあるというレースでした。

2001年以降のNHKマイルカップ結果

2012年 良

馬名 性齢 騎手 着差 人気
1 3 5 カレンブラックヒル 牡3 秋山真一郎 1:34.5 1
2 8 17 アルフレード 牡3 C.ウィリアムズ 3 1/2 3
3 6 12 クラレント 牡3 小牧太 クビ 15

2011年 良

馬名 性齢 騎手 着差 人気
1 7 13 グランプリボス 牡3 C.ウィリアムズ 1:32.2 1
2 8 17 コティリオン 牡3 小牧太 1 1/2 2
3 1 1 リアルインパクト 牡3 内田博幸 3/4 4

2010年 良

馬名 性齢 騎手 着差 人気
1 7 13 ダノンシャンティ 牡3 安藤勝己 1:31.4 1
2 1 1 ダイワバーバリアン 牡3 蛯名正義 1 1/2 5
3 2 3 リルダヴァル 牡3 福永祐一 1 3

2009年 良

馬名 性齢 騎手 着差 人気
1 2 3 ジョーカプチーノ 牡3 藤岡康太 1:32.4 10
2 7 13 レッドスパーダ 牡3 横山典弘 2 5
3 5 10 グランプリエンゼル 牡3 内田博幸 2 13

2008年 稍重

馬名 性齢 騎手 着差 人気
1 5 9 ディープスカイ 牡3 四位洋文 1:34.2 1
2 3 5 ブラックシェル 牡3 後藤浩輝 1 3/4 3
3 7 14 ダノンゴーゴー 牡3 藤岡佑介 1 3/4 14

2007年 稍重

馬名 性齢 騎手 着差 人気
1 7 14 ピンクカメオ 牡3 内田博幸 1:34.3 17
2 5 10 ローレルゲレイロ 牡3 藤田伸二 1/2 1
3 8 18 ムラマサノヨートー 牡3 小林淳一 1/2 18

2006年 良

馬名 性齢 騎手 着差 人気
1 3 6 ロジック 牡3 武豊 1:33.2 3
2 1 2 ファイングレイン 牡3 横山典弘 クビ 9
3 7 15 キンシャサノキセキ 牡3 安藤勝己 1 1/2 6

2005年 良

馬名 性齢 騎手 着差 人気
1 6 12 ラインクラフト 牡3 福永祐一 1:33.6 2
2 7 13 デアリングハート 牡3 後藤浩輝 1 3/4 10
3 2 4 アイルラヴァゲイン 牡3 横山典弘 クビ 4

2004年 良

馬名 性齢 騎手 着差 人気
1 7 13 キングカメハメハ 牡3 安藤勝己 1:32.5 1
2 1 1 コスモサンビーム 牡3 四位洋文 5 4
3 3 6 メイショウボーラー 牡3 福永祐一 1 3/4 3

2003年 良

馬名 性齢 騎手 着差 人気
1 8 16 ウインクリューガー 牡3 武幸四郎 1:34.2 9
2 2 3 エイシンツルギザン 牡3 横山典弘 1 1/4 5
3 5 9 マイネルモルゲン 牡3 柴田善臣 3/4 6

2002年 良

馬名 性齢 騎手 着差 人気
1 1 1 テレグノシス 牡3 勝浦正樹 1:33.1 4
2 3 5 アグネスソニック 牡3 横山典弘 1 3/4 5
3 5 9 タニノギムレット 牡3 武豊 3/4 1

2001年 良

馬名 性齢 騎手 着差 人気
1 2 4 クロフネ 牡3 武豊 1:33.0 1
2 7 14 グラスエイコウオー 牡3 村田一誠 1/2 13
3 4 8 サマーキャンドル 牡3 田中勝春 3 12

ダービーにも絡む3歳春のマイルG1NHKマイルCを分析、予想