NHKマイルCの特徴


レースの特徴
皐月賞とダービーの中間に行われるマイルG1ですが、近年皐月賞から参戦してくる場合の成績はあまり良くなく、ニュージーランドTや毎日杯から参戦してくる組の活躍が目立っています。
マイル適性が明らかでNZTを使ったパターンと、小回り荒れ馬場の中山が向かずに、東京1600に近い特性を持つ阪神外回り1800で行われる毎日杯を使ったパターンが中心という感覚でいいと思います。後者の場合はNHKマイルの後にダービーに向かう事もありますね。

1200、1400が得意なスピード馬もここは挑戦してきますので、全体的にペースが上がる事が多く、この時期の東京の馬場が時計が出やすい事もあって、かなり速い時計での決着になる事も多く、時計にも注目したいレースですね。

コースの特徴
向こう正面奥からのスタートのため、最初のコーナーまでの距離は500m以上と枠順の有利不利はほとんどありません。長い直線を2つの大きなコーナーで繋いだだけの形でペースは上がりやすく、スピードの持続力はかなり重要なポイントとなります。
基本的には力勝負となりやすいコースですが、この時期の馬場は良すぎる場合もあり、その場合は前が止まらない傾向も出てきますので、馬場状態には注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です