カテゴリー別アーカイブ: NHKマイルCの特徴

2014年NHKマイルカップ(G1)枠順確定。ミッキーアイルは5枠10番

2014年 5月11日(日) 2回東京6日目 18頭 [15:40発走]
【11R】  第19回NHKマイルカップ
3歳・オープン・G1(定量)(牡・牝)(国際)(指定) 芝1600m (A)

1  1 キングズオブザサン 牡3 蛯名正義
1  2 タガノブルグ 牡3  三浦皇成
2  3 ダンツキャンサー 牝3 藤田伸二
2  4 ロサギガンティア 牡3 柴田善臣
3  5 ショウナンアチーヴ 牡3 戸崎圭太
3  6 ベルルミエール 牝3 川島信二
4  7 ホウライアキコ 牝3 和田竜二
4  8 サトノルパン 牡3 武豊
5  9 アトム 牡3  川田将雅
5 10 ミッキーアイル 牡3  浜中俊
6 11 カラダレジェンド  牡3 田辺裕信
6 12 ショウナンワダチ  牡3  北村宏司
7 13 アルマエルナト  牡3  吉田豊
7 14 ウインフェニックス  牡3  石橋脩
7 15 アドマイヤビジン  牝3  四位洋文
8 16 (外)エイシンブルズアイ  牡3  福永祐一
8 17 マイネルディアベル  牡3 ウィリア
8 18 ピークトラム  牡3  横山典弘

5月11日(日)に東京競馬場で行われる、第19回NHKマイルカップ(G1)の枠順が確定しました。

重賞2勝、現在4連勝中と実績では頭一つ抜けているミッキーアイルは5枠10番。
トライアル戦であるニュージーランドTの勝馬、ショウナンアチーヴは3枠5番に、同レースの2着馬ショウナンワダチは6枠12番。ファルコンSの勝馬サトノルパンは4枠8番、スプリングS勝馬のロサギガンティアは2枠4番となりました。

後藤騎手の落馬負傷で、ショウナンアチーヴは戸崎圭太騎手に。
ロサギガンティアは岩田騎手の予定でしたが、騎乗停止により皐月賞に引き続き柴田善臣騎手が騎乗する事になりました。

人気の中心になりそうなのはやはりミッキーアイル。
ここまで4連勝で全てがハナの切っての逃げ切り、生粋の逃げ馬に思えますがそうなると気になるのが、やはり逃げ馬には不利と言われている東京マイルと言うコースですね。

シンザン記念では溜めて引き継げる逃げ方も見せた馬ですが、本質的にはある程度のペースで行くタイプだと思われます。例年のNHKマイルを振り返ってみても単騎ですんなりという展開には中々ならず、基本的に先行争いは激しくなる傾向があります。

競りかけて来そうなのはダンツキャンサー等が考えられますが、やりあう展開になるのか、それとも2番手に控える事を想定しているのか、どのように乗るのかという事が大きなカギになりそうです。

この様に人気になりながらも不利な点が多そうというところでは、脚質こそ違うものの先週のキズナの立場に似ている気がしますね。

となると気になってくるのが、前が激しくなった場合の差し、追い込み勢ですが、逃げ馬が不利だからといって、こちらが有利になる、というわけでもなく近年の東京コースでは外を回して差し切るという事も難しくなっており、如何にして内々を抜け出すか、直線に入ってからうまく外に持ち出すかという事が重要になっています。

かなり展開次第なレースとなりそうな予想になりましたが、いくつかのパターンを想定しておきたいところですね。

NHKマイルCの特徴

レースの特徴
皐月賞とダービーの中間に行われるマイルG1ですが、近年皐月賞から参戦してくる場合の成績はあまり良くなく、ニュージーランドTや毎日杯から参戦してくる組の活躍が目立っています。
マイル適性が明らかでNZTを使ったパターンと、小回り荒れ馬場の中山が向かずに、東京1600に近い特性を持つ阪神外回り1800で行われる毎日杯を使ったパターンが中心という感覚でいいと思います。後者の場合はNHKマイルの後にダービーに向かう事もありますね。

1200、1400が得意なスピード馬もここは挑戦してきますので、全体的にペースが上がる事が多く、この時期の東京の馬場が時計が出やすい事もあって、かなり速い時計での決着になる事も多く、時計にも注目したいレースですね。

コースの特徴
向こう正面奥からのスタートのため、最初のコーナーまでの距離は500m以上と枠順の有利不利はほとんどありません。長い直線を2つの大きなコーナーで繋いだだけの形でペースは上がりやすく、スピードの持続力はかなり重要なポイントとなります。
基本的には力勝負となりやすいコースですが、この時期の馬場は良すぎる場合もあり、その場合は前が止まらない傾向も出てきますので、馬場状態には注意が必要です。