カテゴリー別アーカイブ: 参考・関連レース

ファルコンSはタガノグランパが重賞初制覇。2着にサトノルパン

ファルコンS

1着 タガノグランパ
2着 サトノルパン
3着 アルマエルナト

先行争いが激しくなった事もありペースは速め、中京らしく後方からの馬同士の決着となりました。

勝ったタガノグランパは後方から外を回す形で、展開と中京の馬場を考えれば危なげのない乗り方だったと言えるのではないでしょうか。
新馬勝ち後のラジオNIKKEI杯では出遅れながら0.3差の5着、シンザン記念、アーリントンCとミッキーアイルに二度完敗はしていますが、この馬もやはり強いですね。
この後はNHKマイルCとなりそうですが、やはりミッキーアイルが強敵ですね。
今回のように前が速くなれば、というところですが、ミッキーアイルは自分で速めのペースを作って押し切る強さがありますので簡単にはいかないでしょう。
この馬も力をつけていますので、東京マイルでどこまで、といったところでしょうか。

2着サトノルパンは出遅れから押し上げて、直線でもなかなか進路が見つからないというちょっとバタバタした感じのレースになりましたが、タガノグランパからクビ差は良く走っています。
兄のクラレントやレッドアリオンなどを見ても、少し乗りにくい部分はあるのかもしれませんが、この馬も能力は非常に高そうです。本当にこの兄弟はみんな走っていますね。
その兄弟は全てマイラーですし、スムーズにいけるかという課題は残りますが、NHKマイルで爆発を期待するならタガノグランパよりもこちらのサトノルパンかもしれません。
父ディープインパクトになった事で京都マイルも見てみたいですし、先々楽しみな一頭です。

アーリントンCはミッキーアイルが逃げ切り圧勝!NHKマイルCへ

アーリントンC

1着 ミッキーアイル
2着 タガノグランパ
3着 フェルメッツァ

単勝1.4倍の圧倒的な1番人気に支持されたミッキーアイルが、抜群の好スタートから先手を取るとそのまま逃げ切り3馬身半差の圧勝で重賞2連勝。次走はNHKマイルCへ直行するとの事です。

ちょっと今回のレースでは他馬はどうする事もできませんでしたね。
スタートからの加速が圧倒的に速く、一旦は他馬を突き放して逃げ、一息入れる形で4コーナーから直線の入り口で他馬を引きつけてから再加速するとあっさりと後続を突き放すというレースで、先行有利の開幕週の馬場とは言え、その強さを見せつける形になりました。
NHKマイルCは経験のない東京コースが舞台となり、逃げ馬には難しいコースとなりますが、ここまでの走りから順調に行けば最有力候補になるのは間違いありません。
強力な同型馬でも出てこない限り、もうNHKマイルはこの馬かなというような印象ですし、とにかく順調にいってほしいものですね。

2着のタガノグランパはシンザン記念に続いてミッキーアイルには完敗という結果になりましたが、ここで賞金を加算できたのは大きいですね。
ラジオNIKKEI杯2歳で5着と敗れていますが、新馬勝ち直後のレースで0.5差という結果ですし、皐月賞でも面白そうな一頭ではあるのですが、マイル路線になるのでしょうか?

NHKマイルCはマイネルホウオウ。柴田大知騎手も平地G1初制覇

NHKマイルC

1着 マイネルホウオウ
2着 インパルスヒーロー
3着 フラムドグロワール

コパノリチャードがハナに立ちレースを引っ張り、差がなくガイヤースヴェルト、エーシントップが追走。フラムドグロワールも押し上げてくる展開で前は息の入らない厳しい流れ。
直線を向くとガイヤースヴェルト、エーシントップ、フラムドグロワールがコパノリチャードを捉えに行くが、コパノリチャードもしぶとくなかなか差は詰まらない。
残り200で先行集団の脚が鈍ると、後方外から伸びたインパルスヒーローとマイネルホウオウが一気に差を詰めまとめて差し切り、外のマイネルホウオウが最後にグイッとクビ差出たところでゴール。

勝ったマイネルホウオウは後方から外外を回し最後までしっかりと伸びての差し切り勝ち。ハイペースで厳しくなったところにスプリングS3着の実績を持つこの馬の差し脚がハマりました。
鞍上柴田大知騎手は平地G1初勝利。06,07年は0勝に終わるなど苦しい時期もありましたが、ここ数年は再び活躍しはじめついにここで平地G1制覇ですから本当に嬉しかったのでしょう。優勝インタビューの涙には感動させられました。

父スズカフェニックスは種付け頭数も少ない中で初年度からG1馬輩出となりました。
スズカフェニックスは同じサンデー系のライバル種牡馬に比べれば競走成績が地味な部類になってしまいますが、種牡馬としてのポテンシャルの高さを早い段階で示せた事は大きいですね。

マイネルホウオウはこの後はダービーか安田記念に向かう事になるようです。スプリングSの後にNZTも使っていますしローテーションは楽ではないですが、どういう判断になるのでしょうか。

NZTはエーシントップが勝ち重賞3勝目。NHKマイルへ大きく前進

ニュージーランドT

1着 エーシントップ
2着 レッドアリオン
3着 ストーミングスター

中山マイルとしてはややゆったりとした流れとなり、先行勢での決着となりました。

勝ったエーシントップは先行勢の外で折り合って、3,4角から進出。直線を向いた時点でほぼ先頭に並びかけ、そのまま力で押し切った形のレースで、完勝と言ってもいいでしょう。
朝日杯FSでは出入りの激しかったペースでリズムを崩してしまった部分があり8着と敗れましたが、それが唯一の敗戦でここまで6戦して5勝。重賞3勝はこの世代ではこの馬だけです。
NHKマイルCでも中心の一頭になってくるでしょう。

2着レッドアリオンは1勝目にも時間がかかっているように、やはり決め手に欠けますね。
大きく負けた事は一度もなく、兄弟の成績からもNHKマイルCでも楽しみな一頭ですが、現状を見ると勝ち切るまではどうかという印象になってしまいます。
勝ち切れてない故に使い詰めになってしまっている点も気になります。

マーガレットS後方一気のローガンサファイアはNHKマイルCへ

マーガレットS

1着 ローガンサファイア
2着 エールブリーズ
3着 アットウィル

2番人気のローガンサファイアが道中最後方から外を回してまとめて差し切り勝ち。
3着に踏ん張ったアットウィル以外は後方の馬が上位を占めているように、差し馬有利の展開にはなりましたが、最後方から差しきった脚は評価するべきでしょう。
これで500万に続いての2連勝。今後はNHKマイルを目標にしていくようです。

このレースで1400を勝ちましたが、それ以前の2勝は1200です。1600はエルフィンSを使っていますが0.5差の9着。
距離の不安は多少残りますが、東京コースでこの末脚は楽しみですね。

ダイワメジャー産駒は皐月賞次第ですがコパノリチャード、毎日杯2着のガイヤースヴェルトなどもいますし、NHKマイルCでは今年も有力馬を集めてきそうですね。